So-net無料ブログ作成

8月まとめ [ファンタジー・ベースボール2011]

8月終了まで、数日を残すが、
現地8月28日(日)の試合まででのまとめ。

現在リーグ内順位3位。
2位、3位辺りだったが、1位が抜きんでている状態。
であったが、2位のチームが若干1位のチームを追いかけている。
同時に4位以下も3位の私のチームに近づきつつある。
4位以下とは離れた、3位以内であったが、ここに来て更にチーム状況を強くしていかないと、
順位アップはおろか、下降の恐れも出てきた。

チーム状況はシーズン当初の打高投低から、逆の方へ。
専ら投手陣の成績がチームを支えている。
弱点かと思うとそこに力を注ぐ余り、弱点であった部門が逆に強みに変わって行った、
という皮肉な状況である。
コンプレックスをバネにする、というのと似ているが、元々の強みもおろそかにはできない。

具体的に。
打線から。
R/HR/RBI/SB/AVG
851/218/841/125/.265
盗塁、打率が足を引っ張っているが、それ以外の数字は良いので、実際のチームならば数字以上の評価ができるのではないだろうか。

投手陣は、
K/W/SV/ERA/WHIP
1087/79/191/3.36/1.20

変わらずセーブはトップ。ERAもWHIPも良いのだが、
その割に勝ち星が増えない。好投も打線の援護が少ない、というケースがある。
とは言えエースが申し分のない活躍をしている。
残る1ヶ月、先発投手を増やしてみるというのも一考。だが結果他のカテゴリーに悪影響を与えるのでは意味がないのでそこが悩ましいところである。


課題はやはり打線。
絶不調だったDan Ugglaが夏場大活躍して、例年並みの数字を残せそう、というのは好材料であった。
にもかかわらずチームとしての数字が上がってこないのは、一部他の選手の調子の低下があるから。
というよりも、固定せずに入れ替えているポジションの選手を好調時に捕まえられていない、
ということも一つの要因だろう。
逆に好調であれば交代しないのであるが。
頻繁な選手の入れ替えで成績を残す、というのも一つの方法ではある。
タイミングを掴むのは難しそうだが、残る1ヶ月少し動いてみるというのも手。


まとめると、
投手陣の急な上積みはリスクが大きいので(先発投手をプラスはやる価値ありだが)、
打線で、「9月に調子を上げる若手」を捕まえるという戦術を成功させたい。
或いは「帳尻合わせのベテラン」でも良い。
順位が動き出したので、残り1ヶ月余りのシーズン後、結果は予想し辛くなってきた。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。