So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト準備 [ファンタジー・ベースボール2012]

しばらくぶりの更新になった。

その間、岩隈(もっと前だっただろうか)、青木、福留が2012年シーズンの所属球団が決まった。
ちなみに松井秀樹がまだ決まっていないのだが、どうなるのか。

3月にもなると、ドラフト準備。
あまり入れ込んでも仕方ないのだが、今年も例年通り、楽しめる範囲で、
というスタンスで行きたいと思う。

ファンタジーベースボールの特集号の雑誌を買う、というのが例年だが、
今年は今のところ未入手。
しかし、評判がよさそうなので、
rotowireという会社で作っている雑誌を注文した。
http://www.rotowire.com/
espnなどのサイトに情報を提供している、ニュース配信会社のように思っていたが、自身でも雑誌を作っているということである。
日本の書店のサイトなどを見たところ、扱っていないようだったので、
問い合わせたら、わざわざCEOから返事があった。
ドイツ系の名前のようだったのだが、ロットワイラーというドイツ原産の犬種との掛け言葉ということなのだろうか。

日本で取り扱っている雑誌についても場合によっては、購入することもあるだろうか。


それと今年は、初めてMock Draftをやってみた。
謂わば、仮ドラフトである。
これまで過去にはオートのドラフトでしかプレーしたことがないので、
実際のドラフトは実質初めて。しかもMockで。
シーズンでの選手起用とも別のテクニックというか、ノウハウが必要で、
これも実はファンタジーベースボールのゲームの内の一部ということが分かった。
Mock Draftでもいくつかの方式があって、オートでもできるし、
自分で直にドラフトする場合でも、オークション方式、snake方式(10チームのリーグなら、一巡目が1番目に指名なら、二巡目は10番目の指名順になるという方式)といくつかの方式があった。
直に指名した方が面白みもあるのだが、オートの指名のシステムが非常に上手くできている、ということが良く分かった。
直接指名の場合のコツも少し掴めはしたが、オートドラフトも信頼できそうなので、そうこだわることもなさそうに思う。

つまりはドラフトのリストは、自分でひな形をもとに修正して、後はオートでドラフトというのが良さそうである(もっとも自分のこのゲームに対するスタンスが含まれているだろうが)。
自分の意向と、(主催者の評価によるものであれ)客観的で合理的(或いは最適と言っていいかもしれないが)な基準が合わせられるので、
ドラフトとして納得できそうに思う。

今シーズンは新たに、Mock Draftを経験できたということが、新しい一歩であった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。