So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト準備&覚え書き [ ファンタジー・ベースボール2014]

準備の続き。

まず、2013シーズンの成績で、2012シーズンがフロックではない、というようなことを書いたが、これで自分は全てマスターしたなどと言うつもりはない。これは言うまでもないだろう。
トレンドは変わって行くし、おなじ手法が今後通用するとは言えない。
だから興味があるならば、このゲームを続けることがマスターしていくための近道ということができるだろう。とすると今シーズンも続けるのか?
MLBを見るにおいて、ファンタジーベースボールをすることが楽しさを増していることは確かであるから。もちろん深く観るということもできるし。
楽しみ方は個々人それぞれであるのはもちろんですが。

2013シーズンの結果から言えることだが、
ライブドラフトでは(オートドラフトに比べて)結果が良くない。オートドラフトも自分で前もってリストを作って行っている訳で、運の作用だけではないだろう。
オートドラフトの方が経験が多いので、慣れの問題の可能性もあるが、得意な方でやるならオートドラフトで、という選択になろうか。
H2HとRotoで、Rotoの方が結果が良いように思うのだが、それも似ている。

ドラフトだけで結果が決まるものではない。シーズン6か月の間に、ドラフトで獲得した選手のうち、最後までチームにいる選手は必ずしも多くはないのである。しかし、ドラフトの要素は少なくはないということを頭に入れておいた方が良い。

別な言い方をすると、どのリーグに入るかということも要素の一つか。
仲間内でやっていない場合、どのリーグに入ろうと問題はない(例外もあろうが)。しかし、注意点ではあるかもしれない。極端な話、自分を勝たせないようにするリーグに入ったら勝つのは難しくなるのは当然のことだ。

とにかく準備段階でも行うことは、多くあるということである。
苦手を克服すると得るものは大きい、というし、得意分野で勝負する、ともいう。
この辺りもテーマですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。