So-net無料ブログ作成

今更ながら2014年シーズン結果 [ファンタジー・ベースボール2015]

準備の前に、昨シーズン2014年の結果を踏まえておきたい。
(もうスプリングキャンプが始まっていますが)

幾つかのリーグに参加し、一つくらいのリーグで優勝したいというつもりでいたが、何とか1チームで優勝でき、今シーズン2015年も、1チームではあるが、優勝者リーグに参加することができる。

戦略的には、とにかく順張りで行った。そろそろ調子が下がると思ってか放出されている選手がいたら、add。全てがではもちろんないのだが、押し並べて順張りの世界のようである。そういうルールで進められていると言って良い位。
行き過ぎなら放出するのだが、それが少ない方が良いのは確かなので、その辺りは課題。単調になってしまうきらいはあった。
順張り方針は、方針を変えた訳だから、本来の得意戦術ではない。
むしろ本来の戦術の方を忘れないことも重要。

次に、とにかくマイナーから上がった、或いはルーキーの選手、若手の活躍が著しい。マイナーでの好成績、時にはほどほどの成績の選手がメジャーで通用してしまうパターン(とすら言って良いもの)があった。
マイナーリーグのプロスペクトとトレード、というのが「実際の」世界では多いのだが、そのプロスペクト選手たちが既に活躍している状況では、そういったトレードが成り立ちにくかったのではないだろうか。

この2点が、変更と傾向とも言えたものだっただろうか。

自分の立ち回りとしては他に、H2Hのリーグに参加が増えた(経験が増えてきた)のでゲームの仕方が、多少コツを掴んだ面もあるだろうか。
といっても、Rotoとは違うゲームと言える部分もあるので、押さえどころのポイント、タイミングがそれぞれ違う。その辺りは意識しつつ行うということになる。

他チームとのトレードもレベルが高いリーグで、積極的に行われる場面に、2014年シーズンにはでくわした。トレードが多いのが良いと必ずしも言えないだろうが、これまでにない駆け引きに遭遇したとは言える。中位のチームで、優勝争いをしているチームとのやりとりだったのではあるが。中位とはいえその後の展開は分からないのは、共に承知でもある。しかも2チーム間だけでなく、その他のチームとの駆け引きもあった(優勝争いをしている)。実際、込み入った難しい状況ではなかったのだが。基本的には自分のチームが上位に行くことを目的にすれば良いのだから。


具体的に、チームの成績は次回に。
危ない状況の中で1チームは優勝できたということは上に書いたとおりです。
リラックスしてやることにしていても、昨シーズンは厳しい状況もありましたので、結果が出て良かったのは確かですが。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。