So-net無料ブログ作成

カンディンスキーと青騎士展 [非日常系]

久々の本来の意味での「非日常系」。

美術展に行ってきました。

丸の内、「三菱一号館美術館」にて。
この美術館に行くのは初めてで、開館が昨年2010年。これまでに「マネ展」などが開催されていたと思います。

2010年は、思い出すと美術展へ行ったのは数回でした。
それでも贅沢と言われればそうですが。
話題のものがあった割には行っていない気がします。
「ゴッホ展」「オルセー美術館展」共に行っていませんから。

確かに日常ではないのですが、オフィス街で美術館の周りのオフィスに勤めるサラリーマンが多く見られましたから、ある意味日常的な風景で、これは皮肉なものです。
尤も日常全くそういった風景は目にしませんが。

内容はミュンヘンのレンバッハハウス美術館に、
青騎士という美術活動のコレクションがあり、美術館が改装中の為、今回の企画が開催されたようです。
青騎士にはカンディンスキーはじめ、アウグスト・マッケ、フランツ・マルクなどが参加していました。
この活動のコレクションを、今回もその絵が出展されているミュンターが保管していたのを、
レンバッハハウス美術館に寄贈。という経緯があったとのことでした。

カンディンスキーの絵も、今回の美術展の広告ポスターになっているようなものが多く、
彼の作品を代表するような感じの抽象画ではなく、その過程の作品が主です。
とは言え、当時の(1910年代前半)芸術活動を窺い知ることができました。
既存の芸術の概念を打ち破る活動ですから(過激な程ではないですが、革新的なものだったでしょう)、
その美術展がこのような、比較的保守的な印象のあるエリアで開催されたことが、面白いところです。
マネにしたって、当初はメインストリームではなかった訳ですから。


話は変わりますが、
この美術展のサイトなどで、村治佳織さんが観賞した感想を書かれています。
http://mimt.jp/aokishi/message/index.html
三菱地所がスポンサーをしているラジオ番組のナヴィゲイターをされている、
ということもあってか(だろうと思いますが)その番組の収録も三菱一号館のカフェでされたようです。

私は村治佳織さんのリサイタルも聴きに行ったことがあるのですが、
以前そのj-waveの番組の公開収録に行ったことがありました。
この時も収録場所は丸の内界隈。
弟を誘って行ったのですが、演奏を楽しんでくれたことと思います。

それで今回の美術展ですが、
そのチケットは弟からのもの。
ラジオ収録のときのお返しということでもないでしょうが、そういう形になりました。
ただ、
共に村治佳織さんに多少にしろ関係するものだったということは、
偶然で不思議なものです。
上に書いてあるようなことから、同じ丸の内ということで、ありそうなことではありますが。

行きたいと思っていた美術展でしたので、チケットが手に入ったのはよかったです。
尤も、ミュージアムショップとレストランで、多少はお金も使ってきました。
絵ハガキが¥100と土地柄に関わらず良心的な価格であったことも付しておきます。

ドラフトと移籍金 [ファンタジー・ベースボール2011]

謹賀新年。
年が明けまして2011年。

今年もファンタジー・ベースボールは時間を取り過ぎない程度に行う予定。

ところで、
松井秀樹がアスレティックス入りなど、フォローしていなかった。
新チームでも活躍してもらいたい。
その他MLBでは、フリー・エージェントの選手の契約が決まって来ている。
意外に高額契約が多い。ごく一部に限られるのだろうが。

日本からのポスティング移籍に関連して、サッカーの世界との比較を全く行っていなかった。
チームに移籍金が支払われるということについてはポスティングシステムと似ている。
MLBについてはアメリカであるので、サッカーの世界とはその辺りの仕組みが違っている。
そもそも、MLBではドラフト制度がある。
MLBのFAの仕組みがサッカーに先行しているようであるし、
移籍金の仕組みは日本のポスティング・システムに先行している。
異論はあるだろうが、オリンピックの例もあるように、ベースボールはある意味ローカルなスポーツと言えるだろう。
プロスポーツ選手の契約の仕組みという点においては、
プロスポーツ競技が多い、アメリカに集結される面もありそうだ。
そういった意味で、MLBと欧州サッカーの世界で選手契約の件について、
互いに参考にしていないように見えるのは興味深い。
スポーツ以外の多くのことについては、
比較的アメリカの形式がスタンダードになっていることと比較すると余計そのように思われる。
こう言っては身も蓋もないが、そもそも別スポーツということである。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。