So-net無料ブログ作成
ファンタジー・ベースボール2009 ブログトップ
前の10件 | -

現地火曜日(リーグ優勝決定!) [ファンタジー・ベースボール2009]

現地火曜日の試合。

ツインズとタイガースの1ゲームプレイオフ。
ツインズが勝利して、アメリカン・リーグ中地区の優勝を決めた。

ファンタジー・ベースボールの方では、
ツインズとタイガースの選手に入れ替えをしたのですが、
打線は、
3/9、 得点0、 HR0、 打点0、 盗塁0、 打率.333。

投手陣は、
登板なし。
ツインズとタイガースの登板しそうな投手と獲得し、ベンチに入れて、
ポイントが下がることのないようにした。
もちろん、
他チームが獲得してポイントが上がることがないという効果もある。
1,2位の接戦になっていたのだが、
それ以外の順位のチームの動向次第では私のチームの順位に影響があった。
選手の入れ替えをしていたのは私だけだったので、
他チームのオーナーもその辺のところは解っただろうと思う。

ということで、
最終的にリーグ優勝。


今シーズンは参加費ナシ、優勝賞品もなしというリーグに参加したが、
それでも優勝は優勝。

ちなみに昨年の、優勝賞品あり(Tシャツなどだが)のリーグでは、
かなりアクティブに選手の入れ替えをしているプレーヤーが数人いたので、
その人たちにはちょっと太刀打ちできない感じが明らかにあったが、
今年はそこまではなかった。
それも勝因だっただろう。


初めてファンタジー・ベースボールに参加したのが1998年で、
5,6シーズンは参加したが、優勝は2度目。
一度目は賞品ありのリーグでTシャツが送られてきた。
どうかわからないが、当時と比べると、参加者のレベルが随分上がっているように思う。
(レベルというのはゲームに勝つための技術という意味です。もちろん。)
そんな中、結果が出たのは幸運もあったにせよ、珍しく良い出来事だった。


現地月曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地月曜日。

試合は無く、現地火曜日にツインズvsタイガースのプレイオフが行われる。

この試合も成績にカウントされるとのことだから、注目である。



現地日曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地日曜日の試合。

レギュラーシーズン最終日。
打線は、
11/33、 得点6、 HR0、 打点3、 盗塁1、 打率.333。
Jacoby Ellsburyが盗塁。

投手陣は登板なし。
と言うより登板させなかった。

リーグ内順位は1位。

これで本来リーグ優勝は決まりのはずだが、
アメリカン・リーグ中地区の優勝が決まっていない。
ツインズとタイガースが首位で並んで、現地火曜日に1ゲームのプレイオフを行う。

この試合もカウントされるので、その試合如何では順位の変動もありえる。
とにかく、その試合で活躍して他のチームのポイントが上がることのないように
(自分のポイントが下がり、順位が下がらないように。)、
ツインズとタイガースの選手を数人獲得した。
何しろ2位との差が1ポイントなので、どのカテゴリーかで順位を一つでも下げると、
2位と同点或いは逆転されてしまうのである。
ここはできるだけの手を尽くすことにした。




現地土曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地土曜日の試合。

打線は、
10/43、 得点7、 HR2、 打点5、 盗塁2、 打率.233。
Ryan Howard、Joey VottoがHR。
Hanley Ramirez、B.J. Uptonが盗塁。

投手陣は、
Trevor Hoffmanが37セーブ目。
Ryan Franklinが1イニングを自責点0。
Andrew Baileyが1イニングを自責点0。
Matt Thorntonが1イニングを自責点0。

リーグ内順位は1位。
2位とは1ポイント差でレギュラーシーズン最終日を迎える。
3位以下のチームの成績も影響を与えるため、優勝できるのかどうか微妙な状態ではある。

2位と同点、または1ポイント逆転される可能性もある。
同点の場合、どのような扱いになるのか判らないのだが…。

我がチームとしては、問題は防御率とWHIPであるから、
投手陣の登板がなければ、数字の変動はない(下がるリスクはなくなる)。
上記に書いたように、これでも他チームの数字が上がれば逆転される可能性はある。
私としては、リスクを取るメリットよりも避けるメリットの方が大きいと考え、そうすることにした。
Mariano Riveraさえ、成績のカウントに含まれないようにした。
とにかく、現地日曜日に我がチームからの登板はないようにセッティングした。

日本の首位打者争いで、打席に立たないことで打率を下げないという戦術をとることが、
たまにあるが、それと似たようなものである。
メジャー流だと一般的にはそのようなことはしない。

打席に立たずにタイトルを獲得を狙うことに対して、好感は持っていなかったが、
いざ自分がその立場に立ってみると、それをやっている訳である。

しかも、あくまでもゲームであるから、そこまでする必要はあるのかとも思ったが、
賭けに行かないのが、合理的だと考えた。
信頼度がMLBで最も高いと言っても良いMariano Riveraを外すことはある意味賭けでもあるのだが
(抑える可能性が高いのだから)。

最後の数日でこれほどの接戦に追い込まれるとは思わなかったが(正直驚いている部分もある)、
あとは相手の成績次第ということになった。
これは自分ではコントロールできない部分であるから、
自分にできることは抜かりなくやる。それしかないのである。

今の状況での、自分で下した合理的判断。
うまくいっても、駄目でも、納得できればそれで良い。
ファンタジー・ベースボールの方が、
実生活よりむしろ合理的行動なのではないかという、この矛盾(笑)。

相手の結果次第というのは、不確定性の要素も含まれることになるが、
そうじゃなかったら、もう優勝が決まっていることになる。





現地金曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地金曜日の試合。

打線は、
13/45、 得点9、 HR2、 打点10、 盗塁1、 打率.289。
Matt Wieters、Ryan HowardがHR。
Jacoby Ellsburyが盗塁。

投手陣は、
Wandy Rodriguezが6イニングを3自責点で12敗目。
Daisuke Matsuzakaが6イニング2自責点で4勝目。
Trevor Hoffmanが1イニングを自責点0。

リーグ内順位は1位。
2位との争いが熾烈で、1ポイント差に急激に追い上げられた。
自分のチームにとっては、防御率、WHIPがポイントとなるために、判断が難しいところ。
先発投手は、被安打、フォアボールの予想も付きづらく、回避させる方が賢明かと今の時点では思われる。





現地木曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地木曜日の試合。

打線は、
10/29、 得点3、 HR0、 打点1、 盗塁1、 打率.345。
Jacoby Ellsburyが盗塁。

投手陣は、
Michael Wuertzが1イニングを自責点0。

リーグ内順位は1位。
現地、10月4日(日)がレギュラーシーズン最終日の予定で、あと3日ということになる。
打線ではHR、投手陣では防御率、WHIPが鍵となる。


現地水曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地水曜日の試合。

打線は、
12/43、 得点9、 HR0、 打点4、 得点1、 打率.279。
Shane Victorinoが盗塁。

投手陣は、
Jon Garlandが3.1イニングを4自責点で13敗目。
Mariano Riveraが1イニングを自責点0。

リーグ内順位は1位。
先発投手が早いイニングでノックアウトという悪いケースが続いた。
レギュラーシーズン残り数試合だが、投打共に頑張ってもらいたい。

Jon Garland、Clay Buchholzを放出して、
Matt Thornton、Daisuke Matsuzakaを獲得。

現地火曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地火曜日の試合。

打線は、
9/41、 得点7、 HR1、 打点2、 盗塁2、 打率.220。
Joey VottoがHR。
Kevin Youkilis、Jacoby Ellsburyが盗塁。

投手陣は、
J.A. Happが5.2イニングを3自責点で12勝目。
Clay Buchholzが5イニングを7自責点で4敗目。

リーグ内順位は1位。

Clay BuchholzがHR5本を浴びてしまったが、
もう一人の先発、J.A. Happが好投して、その痛手を抑えられた。


現地月曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地月曜日の試合。

打線は、
13/42、 得点6、 HR3、 打点10、 盗塁2、 打率.310。
Kevin Youkilis(2本)、Garrett JonesがHR。
Ryan Howard、Garrett Jonesが盗塁。

投手陣は、
John Danksが9イニングを1自責点で完投、13勝目。

リーグ内順位は1位。

現地日曜日 [ファンタジー・ベースボール2009]

現地日曜日の試合。

打線は、
11/50、 得点5、 HR0、 打点2、 盗塁1、 打率.220。
Torii Hunterが盗塁。

投手陣は、
Wandy Rodriguezが6イニングを2自責点で14勝目。
Edwin Jacksonが7イニングを5自責点で8敗目。
Mariano Riveraが44セーブ目。

リーグ内順位は1位。

John Danksを放出し、
Michael Wuertzを獲得(リリーフ投手)。
現地火曜日の試合からの登録となる。
John Danksの現地月曜日の登板予定の試合はカウントされる。


前の10件 | - ファンタジー・ベースボール2009 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。